ikeshimakankou:

寺田克也作「悟空、池島を飛ぶ」が池島中央会館で見れます。


先月ようやく寺田さんの絵を池島中央会館に展示できたので、だいぶ時間が経ちますが昨年開催した長崎炭鉱島クリエーターズツアーの続きを書きます。
2013.6.18〜19 開田裕治さんを中心とする22名のクリエーターが長崎に集まり、池島と軍艦島を視察しました。池島の見学に関しては【池島視察編】をご覧ください。


「池島」での視察時、坑内見学終了後、地域との交流として池島小中学校で「イラストレーターと絵を描こう」を開催しました。
開田さんは小中学生に絵(ドラゴン)の描き方を教えるワークショップを、寺田さんは悟空と池島をモチーフにしたライブドローイングを行いました。


動画を見ていただければわかりますが下書きはありません。寺田さんはマッキーを手に取ってから30秒くらいで描きはじめ、時々絵と距離をおきながら迷う事無く線を描き、記念撮影など挟みつつも、約1時間で絵を完成させてしまいました。
模造紙2枚分という大きなキャンパスにすらすらと絵が描かれていく様子はまるで魔法のようでした。

image
この絵は現在、池島中央会館の1Fロビーに展示しており、どなたでも間近でご覧になれます。池島を訪れたら是非中央会館を訪れ寺田さんの絵もご覧になってください。

・関連リンク
長崎炭鉱島クリエーターズツアー【池島視察編】
池島で唯一の宿泊施設「池島中央会館」
開田無法地帯TOP(開田裕治さんの公式サイト)
terras book(寺田克也さんの公式サイト)
terra’s book blog